自宅勤務と小さな段差のある家

新型コロナウィルスの影響で3月の終わりから自宅勤務を始めました。
急遽整備したデスクスペースも少しずつ充実させています。
環境が整ってみると意外と家でも仕事はできるものです。
打ち合わせもウェブに切り替わり、試行錯誤しながら進めています。



最近の仕事。
少し前のことですが、3月に小さな段差がある家が竣工。



この家では2つの工夫をしています。
1つ目は3階の床の一部を20センチ上げました。
それによりリビングの天井を高くし、空間に変化を生んでいます。
写真の奥がリビングの天井。



もう一つの工夫は南側に屋根を上げ、ハイサイドライトから明るい光を取り入れています。
写真はリビング上部の寝室。
床が20センチ上がり天井が低くなるため、勾配天井としています。



3階の階段にもハイサイドライトを設けました。
お隣の新築の家の屋根もこの部分がちょうど低くなっており、2階に明るい光を届けています。

Scroll Up

© Go Eto Architect & Associates All Rights Reserved.