日立の家 改修後の写真

おばあちゃんの住んでいた築40年の平屋を4人家族の住まいへと改修した日立の家。
今回はリビング以外の写真を紹介。

L型に残した既存壁に本棚やデスクを挿入し作ったワークスペース。



寝室に光と風を届けるため、既存の障子に加え、ガラスの引き戸を設けました。



挿入した本棚とデスクスペースは寝室側にはラワン合板の壁として現れます。



既存の居間。
左側に台所、右側に広縁、奥に寝室がありました。



広縁との間の障子と壁は取り除きリビングと一体にしました。
正面の壁はフレキシブルボード貼り。



キッチンは対面に。
キッチンや洗面はサッシの交換はせず、ガラスのみペアガラスに変更しました。



キッチンに隣り合う納戸にロフトに昇る梯子が見えます。



納戸の入り口の左側の壁はホワイトボードクロスになっています。



子供たちの遊び場にもなるロフト。
家全体の天井には断熱材を敷き詰め、居住性を向上させました。



ロフトからリビングを見下ろす。
天井が高くなり開放的なリビングになりました。



改修前の外観。



改修後の外観。
外観は基本そのままですが、南側の引き違い窓を4枚+欄間の形状から2枚引き違い戸に変更しました。
開口が大きくなったように感じ、すっきりとした印象になりました。



雨戸の戸袋はサイズを調整し再設置しました。
外部は今後少しずつメンテナンスをしていくそうです。

Scroll Up

© Go Eto Architect & Associates All Rights Reserved.