「Fの家」が竣工しました。

高台に建つF型平面の家
F型にすることによって家の各所が外部に面し、光と風を取り込めるようにしました。





F型の一番長い部分はLDKになっています。
日当たりのよい南側に大きな開口を設け、北側に畳コーナー、階段、玄関などを配置しました。



F型のくぼんだ部分は階段になっています。
中庭に面しており、上部の大きな窓から光が落ちてきます。
階段は下は1段下がったデスクスペース。
中庭の木を見ながらテレワークできるとクライアントも喜んでいました。
右側が玄関、左側が小上がりの畳スペース。



キッチンはぐるりろ回遊できるアイランドに。
キッチンの後ろにパントリーと納戸を設け、物をなるべく出さないで暮らせるよう配慮しています。
リビングの天井は上部の寝室をスキップフロアとすることで高くなっています。

ひとつながりの空間ですが、床や天井の高さ、素材を切り替えることで緩やかで伸びやかな家になりました。

Scroll Up

© Go Eto Architect & Associates All Rights Reserved.