朝倉の家

House in Asakura

3世代が同居する住宅を水廻りを共有した2世帯住宅に改修する計画。

既存建物は改修対象部分と増築部分からなる。今回は改修対象の大部分を子世帯の住まいとし、親世帯は既存増築部分に寝室を移すことで全体を再構成した。間取りや外装などは大幅な変更はせず、既存の雰囲気を活かしながら改修をしている。

10畳ほどの広さしか取れない2階のLDKは立体的な広がりを感じられる勾配天井とした。子供部屋と回遊できるプラン、室内外に視線が抜けていく開口といった狭さを解消させる工夫を施した。

親世帯は1階のリビングのみを改修の対象とした。ダイニングとの一体感を強める間仕切り、庭に面した窓をそれぞれ広げ、室内外のつながりを強化した。壁の木製パネルは既存の再利用。

竣工年:2 0 1 8 年
photo: e t o g o

Scroll Up

© Go Eto Architect & Associates All Rights Reserved.