L-LDKの家が竣工しました。



L型の2階LDKの家。
L型の角に向かって屋根が架かります。



天井の一番低いところは約1.8mですが、高いところは約3.6m。
隣地の通路に面する南東側が、最も天井が高くなり光を採り込みます。
道路側には少し広めのテラス。



建物全体としてはT型をしており、建物形状を上手く活かすことは要望の一つでした。
2FはTの片側がデスクコーナー。
反対側にはパントリーやトイレを配置しています。
階段もLDKに取り込んだ、開放的で気持ちの良い家になりました。



Scroll Up

© Go Eto Architect & Associates All Rights Reserved.